ニュース お知らせ・ニュース

2017.04.04 4月13日(木)、『Agile Japan 2017』にて『【新】AIとロボットとモバイルを連携させる!事例の無い道を切り拓くアジャイル』をテーマに登壇します。

agile_japan.jpg

株式会社ヘッドウォータース(本社:東京都新宿区、代表取締役:篠田 庸介)は、2017年4月13日(木)アジャイル ジャパン 2017 実行委員会 主催『Agile Japan 2017』にて「【新】AIとロボットとモバイルを連携させる!事例の無い道を切り拓くアジャイル」をテーマに、ITインキュベーション事業部 部長 西間木 将矢が登壇することとなりましたのでお知らせいたします。



◆「Agile Japan 2017」とは

世界で活躍するアジャイル・コンサルタントが、アジャイルの最新情報や事例を紹介します。発表では、成功ポイントだけでなく、失敗からの改善ポイントも生々しく紹介されることが多いので、後日公開される資料からは得られない知見が得られます。また、興味深い発表があれば、夕方のネットワーキングセッションで発表者と直接会話して深掘りすることもできます。
(Agile Japan 2017公式サイトより)



日時:2017年4月13日(木)


会場:
タワーホール船堀
〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1(アクセス)


参加対象:
・IT関連企業
・ユーザ企業に所属されるソフトウェア開発のプロジェクトマネージャー
・プロダクトマネージャー
・チームリーダーの方


主催:アジャイル ジャパン 2017 実行委員会


参加人数:500名


参加費:
通常:28,080円(税込)
団体割引:
3名でお申込み:@20,800円 x 3名 = 67,392円(税込) ※20%引き
5名でお申込み:@18,200円 x 5名 = 98,280円(税込) ※30%引き


登壇者について


ITインキュベーション事業部 部長 西間木 将矢


nishimaki.jpg

日本マイクロソフト株式会社と共同でクラウド型"顧客おもてなしサービス"の統合アプリケーションを開発し、サービス提供に先立ち実証実験結果を経て、人気ラーメン店での本格導入を成功させる。AI技術とロボット型デバイス、モバイルを含むIoTデバイスを活用し、事例の無い道を切り開くアジャイル開発スタイルを推進。

■セッション概要
【新】AIとロボットとモバイルを連携させる!事例の無い道を切り拓くアジャイル

デジタルトランスフォーメーション時代に突入する時代において、AI、IoT、ロボット、ビッグデータと言ったキーワードの取組が必要不可欠です。また、テクノロジーベースでアイデアを出しても、現場運用に乗らない事も多くあります。
今回のセッションにおいてAI、ロボット、モバイルを連携させた国内初の飲みニケーションロボットの取組とクライアント導入事例から、クライアントのビジネス課題/ユーザー満足度/先進テクノロジー採用の3つの課題をどのような失敗を経て、どのようなアプローチで解決したのかと言う実例を交え、お話できたらと思います。

■会社概要
・商号:株式会社ヘッドウォータース
・代表者:代表取締役 篠田庸介
・事業所:東京都新宿区新宿2-16-6新宿イーストスクエアビル7F
・設立:2005年11月
・資本金:1億4374万円
・主な事業の内容:ロボットアプリ開発、システムインテグレーション、コンサルティング

お問合せ先
株式会社ヘッドウォータース
TEL : 03-5363-9361
Mail: info@ml.headwaters.co.jp

お問い合わせContact us

事業に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

パートナーに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

採用に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームへ