卓上ロボット「Sota」と楽しくコミュニケーション飲みニケーションロボサービス
居酒屋で卓上ロボが
今までになかったおもてなしをする
クラウドサービス

飲みニケーションロボサービス概要

卓上ロボット「Sota」

Pepperアプリ開発のリーディングカンパニーである当社は、顔認識型ロボットアプリ「SynApps(シナップス)」を 開発して参りましたが、 顔認識型ソリューションを他のマシンでも使えないか?と言うご意見にお応えする為に、 ヴイストン株式会社が提供する卓上ロボアプリ「Sota」にSynAppsと同じエンジンを搭載した、 「飲みニケーションロボ」のサービスを開発しました。

居酒屋と言うロケーションでの運用において、数あるコミュニケーションロボットの中から「Sota」を選んだ理由は、
「稼働域が少ないロボの為、ハードが壊れにくい」
「足が無いので落下リスクが少ない」
「ちょうどよい大きさのサイズ感」
「比較的低コスト」
と言う点から選定し、実証実験を重ねて行き、サービスリリースに至りました。

sota_15s.png

SynApps Mobile

卓上型ロボット「Sota」は「Pepper」のような「タブレット画面」を持ち合わせておりません。その為、コミュニケーション補完ツールとしてスマートフォンアプリを採用しております。
「Sota」と「スマホアプリ」は同一Wi-fiで繋げる為、ユーザー負荷を考え、店舗側が既にセッティング完了してあるスマートフォンを用意する形になっております。
スマートフォンアプリをSotaのコントローラーとして任意のセリフを選択しつつ、色々な事を指示する仕組みです。

SynAppsMobile1.png

特徴

コンセプト

お酒の席でのお客様は、2,3時間、席に滞在します。

接客をさせる、注文を取る、と言った「店側」の都合でアプリを作ると、長い時間ロボットと関わる機会が減ってしまいます。

また、お客様は「そのグループでの身内用語を使った会話」をしている為、予め決められた発話内容をセットしても、ロボットはお客様の会話に入って来れません。
そこで、「お客様自身が入力してロボットに発話させて、場が盛り上がるモデル」を考えました。

kanpai_image.jpg

台詞デフォルトセット



サラリーマンをターゲットにしたモデルで、 飲みに行く場面でよくある会話パターンから「褒める」「共感する」などのカテゴリ分類し、発話内容をデフォルトセットしてあります。

デフォルトセットを見て、お客様が遊び方を自然と分かる効果があり、 店員と絡むボタンで店員とお客様が仲良くなるきっかけを作り、常連化のきっかけを作ります。

SynAppsMobile2.png
sota_controller_homeru.jpg

ほめる

ロボットが様々な角度から褒めたり、ヨイショを行います。

sota_controller_kyoukan.jpg

共感する

ロボットが相槌を打ちながら、様々な共感をしてくれます。

sota_controller_damedashi.jpg

ダメ出し

ロボットなのにダメ出しやツッコミをして笑いを取ります。

sota_controller_tenin.jpg

店員さんに一言

店員とコミュニケーションを図ります。

自由入力

限られたセリフ内容だと、また飽きが来てしまう為、 お客様が好きなセリフを入力できる機能があります。 酔いが回ってきたお客様は、普段言えないような事を自由入力し、 ロボットに言わせて遊ぶ傾向があります。 まさかそんな事をロボットが言うなんて、と言う驚きの体験があり、 SNSで拡散したくなる効果があります。


自由入力セリフ例:
・そろそろ給料上げてくださいよ。
・○○さんって可愛いですね!
・○○ちゃん、誕生日おめでとう!

など自由にお客様が発話させたい内容を入力し長時間でも何度来店しても遊べます。

SynAppsMobile_freetalk.png

顔認識

ロボットに顔を覚えてもらう事で、名前を呼んでくれるようになり、 常連化への足がかりを作ります。
顔登録はモバイルから実行する事で、ロボットに顔登録や認識を指示します。

顔認識を行う事で、同時に年齢認識や性別認識も行い、お客様属性に合った発話を行います。

synapps_logo_-square.png

事例

株式会社ゲイト くろきん神田本店


くろきん神田本店(東京都千代田区内神田3丁目22-10 竹内ビル1F)にて 2016年12月12日より、飲みニケーションロボット席の予約を開始しました。
多くの反響があり、毎月100名~200名のお客様の予約獲得を実現しております。

また、来店客数は全体の10%向上し、更なる投資が決定しており、多くのメディアからの取材申込があります。

ご予約の際は、電話(Tel:070-3842-3939)にて「『ロボット席』をご利用希望」とお伝えください。

kurokin.jpg

sota3.png

イメージ動画

多くのメディアに取り上げられています

テレビ


・AbemaTVニュース AbemaPrime   (2016年12月13日)

・NHK「おはよう日本」  (2017年1月23日)

・NHK「ニュース シブ5時」 -   (2017年2月2日)

・日本テレビ「ニュースevery」(2017年3月15日)

・TOKYO MX「5時に夢中」(2017年3月21日)

・NHK「首都圏ネットワーク」(2017年6月13日)

新聞


・日経MJ新聞:「サービスロボット目的に応じて」(2017年2月10日)

・日経MJ新聞:「ロボが従業員に 人手不足に救世主」(2017年3月6日)

・夕刊フジ:「居酒屋で「飲み友」になってくれるロボットSota」(2017年3月21日)

・中日新聞:「接客ロボット 話し上手の看板店員」(2017年3月22日)

Webメディア


Let's ENJOY TOKYO:ソロ活の達人
誰も呼んでくれないから、ロボット相手に一人新年会をしてみた(2017年1月28日)
http://www.enjoytokyo.jp/solo/master/tatsujin1/681/

Exciteニュース:Excitebitコネタ
卓上小型ロボットが酔っぱらいの雑談に付き合ってくれる居酒屋(2017年3月3日)
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1488182219793.html?utm_source=t.co&utm_medium=referral

PC Watch:大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」
ロボットがいる居酒屋に行ってみた!~マイクロソフトのAIを活用した顔認識機能も実装(2017年3月6日)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/gyokai/1047881.html

ITMediaEnterprise:【総力特集】人とAIの共存で進化する「おもてなし」
神田の居酒屋にロボットが来た日――"飲みニケーションロボット"の作り方(2017年3月7日)
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1703/07/news014.html

ZAKZAK:居酒屋で「飲み友」になってくれるロボット、「Sota」実証実験中(2017年3月22日)
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20170322/ecn1703221530005-n1.htm

HANJO HANJO:サービス業のIT利用最前線!7 "相席"したロボットの「居酒屋のおもてなし」(2017年7月6日)
http://hanjohanjo.jp/article/2017/07/06/7715.html

お問い合わせContact us

事業に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

パートナーに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

採用に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームへ