IR IR情報

DISCLOSURE POLICY

ディスクロージャー・ポリシー

1.情報開示の基準について

株式会社ヘッドウォータース(以下、「当社」)は、株主、投資家の皆様に対し、透明性と公平性を基本に迅速な情報提供に努めます。商法・証券取引法等関係諸法令、証券取引所の定める業績の概況および上場有価証券の発行者の適時開示等に関する規則に準拠した情報の開示に努めるほか、当社の判断により当社を理解していただくために有効と思われる情報につきましても、タイムリーかつ積極的な情報開示に努めます。 

2.情報開示の方法について 

適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開しており、公開した情報は、原則として当社ウェブサイトにおいても速やかに掲載いたします。また、基本方針に記載した適時開示規則に該当しない情報についても、適時開示規則の趣旨に鑑み、できる限り積極的かつ公平に開示するよう努めます。 

3.開示資料の取扱いについて 

当社では、当社が株式上場している東京証券取引所に提出する業績予想に加えて、その他の方法により、業績見通しに関する情報を提供する場合があります。また、ニュースリリース、決算説明会やアナリストミーティング等における質疑応答等には、計画、見通し、戦略等に関する情報が含まれる場合があります。それらの情報は、作成時点で入手可能な情報に基づき当社の経営者が合理的と判断したもので、リスクや不確実性を含んでいます。実際の業績は様々な要素により、これら見通しとは大きく異なる結果になりうることをご承知下さい。 

4.インサイダー取引の未然防止 

当社は、インサイダー取引の防止を図るための社内規程を定め、役職員全体への周知徹底と理解啓蒙を促進しています。また、投資判断に影響を与える重要事実に関する情報を適切に管理し、適時開示規則に則った迅速な情報開示を行うことを通して、インサイダー取引の防止を図っています。 

5.沈黙期間について 

当社は、決算情報(四半期決算情報を含む)の漏洩を防ぎ、かつ情報開示の公平性を確保する観点から、決算(四半期決算)期末日の翌日から各決算発表日までを沈黙期間と定めております。この期間中は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、当該期間中であっても、投資家の皆様の投資判断に多大な影響を与えると判断した重要事実が発生した場合は、この限りではありません。  なお、当該期間中であっても、すでに公表済みの情報に関するお問合せにつきましては対応いたします。 

6.社内体制の整備について 

当社は本ディスクロージャー・ポリシーに則り、諸法令や適時開示規則に従った適切な情報開示を行うために、社内体制の整備・充実に努めております。 

7.コミュニケーションの充実 

当社は、適時開示やIRサイト等による情報発信に加え、各種説明会の実施や株主・投資家の皆様からの日々のお問い合わせに対する回答等を通じて、株主・投資家のみなさまとのコミュニケーションの充実に努めています。株主・投資家のみなさまから頂いたご意見・ご要望等については広く社内で共有し、企業価値の向上に向けた会社経営の参考とさせていただきます。 

ご注意:

本サイトは情報提供を目的としており、投資の勧誘を目的としたものではありません。
当社は、本サイトに掲載されている情報によって生じたいかなる損害に対しても一切の責任を負いませんので、予めご了承ください。
本サイトに掲載される情報に関して当社は細心の注意を払っておりますが、不正確な内容を含む可能性があり、情報の正確性および完全性を保証するものではありません。
また、法令または証券取引所の開示規則により開示が求められている情報については、本サイトはあくまで補助的手段にすぎません。

本サイトに掲載されている情報には、過去や現在の事実のほか、将来に対する見通しに関する記述が含まれています

将来の見通しに関する記述は、現時点で入手可能な情報に基づく予想または推測にすぎず、さまざまなリスクや不確定要因を伴うものであるため、実際の業績や財務内容と大きく異なる場合があります。

将来の見通しに関する記述に関しては、作成日以降の事実等に基づいて随時修正または更新されるものではございませんのでご了承ください。

IRに関するお問い合わせ