ニュース お知らせ・ニュース

2017.12.12 TIGALA株式会社と、株式会社ヘッドウォータース、 企業投資判断における企業業績予測AIエンジン「pedia Intelligence」を共同開発 〜ヒトに代わって企業業績の調査や分析を行うAI〜

TIGALA.png

 日本国内でも有数のロボットアプリ開発・導入実績をもつ株式会社ヘッドウォータース(本社:東京都新宿区、代表取締役:篠田庸介、以下 ヘッドウォータース)は、TIGALA株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社⻑:正田圭、以下TIGALA)と、企業業績予測エンジン開発領域において業務提携をし、TIGALAが運営する「pedia」において実装する、独自AIを用いた企業業績予測エンジン「pedia Intelligence」を共同開発することになりましたのでお知らせいたします。


今回、人工知能を搭載した企業業績未来予測エンジンを開発するTIGALAと、AIデータ、企業保有データ、Web公開データ、IoTデータの、統合運用プラットフォームSynApps(シナップス)やロボットアプリを提供してきたヘッドウォータースが業務提携を致しました。TIGALAが持つ「金融情報分析力」ノウハウとヘッドウォータースが培ってきた「人工知能(AI)アプリ開発力」を掛け合わせ、フィナンシャルアドバイザリー専門家の知識の一部をAI化させたサービスの提供が可能になります。

第一弾として、「pedia」に、企業の業績予測支援及びM&Aや資金調達予測支援を行うAI「pedia Intelligence」が実装されることにより、事業者は、意思決定に繋がるインテリジェンスを効率的に手に入れることができます。この次世代「pedia Intelligence」で手に入れた情報は社外・社内全体を通して他のIT情報と組み合わせることができ、経営企画、法務、マーケティング分野において人が活用することで事業者の資金調達、資本政策、イノベーション創出に役立ちます。


「pedia Intelligence」は、本来人が行なっていたニュースやSNSなど複数チャネルに渡る企業情報調査をAIで適切に収集・整理後、企業の業績未来を精度高く予測できるようになることを目指しております。これらの実現により、「pedia Intelligence」ユーザーは、より高度な与信管理や経営判断をすることが可能になります。

◆活用が見込まれる事例
 ・資金調達、組織再編ニーズを予測し、企業間の業務提携、資本提携を活性化させる
 ・業界再編を予測し、新規事業進出、カーブアウトの判断材料とする
 ・現在の企業価値を推定し、企業価値を向上させるための施策を提案する

「pedia」は、世界中の金融情報をAIで学習し、金融マーケットの変化とともに賢くなり続ける、企業情報ビッグデータを提供して参ります。



tegara2.jpg




■ TIGALA(ティガラ)株式会社 について
TIGALAは最先端のテクノロジー技術を大胆に取り入れ、投資銀行業界におけるGame Changer を目指す会社です。

◆「テクノロジーで投資銀行業界に創造的破壊を」15歳で起業。10社以上の経営経験を持つ起業家が知る、投資銀行の闇
https://www.fastgrow.jp/articles/tigala-masada-yuse

◆ICO設計・評価業務開始のお知らせ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000017483.html

◆TIGALA、スタートアップとベンチャーキャピタル(VC)のための「pedia」を事業譲受
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000017483.html

会社名:TIGALA(ティガラ)株式会社
URL:http://tigala.co.jp/
本社所在地:〒107-0062 東京都港区南青山七丁目1番7号3F
設立:2011年12月21日
代表取締役社長:正田 圭
取締役副社長: 湯瀬 幾磨
取締役: 正田 彩
取締役: 小野寺 智寛
取締役: 佐藤 信祐(公認会計士/税理士)
監査役: 山田 真哉(公認会計士/税理士)
監査役: 菊地 正登(弁護士)
監査役: 渡邉 香織
資本金(資本準備金含む):67,143,450円
事業内容:
フィナンシャルアドバイザリー事業
M&Aに関する戦略立案、案件創出、執行から事業統合までのアドバイザリーサービス
マネジメントサポート事業
M&A担当部門や経営企画室を対象とした金融情報のビッグデータ解析結果を活用したマネジメントサービス


■ 株式会社ヘッドウォータースについて
人工知能(AI)アプリの企画・開発を行い、次世代ビジネスに取り組んでいます。
主に、企業のAI、IoT、ロボティクス活用のスタートアップを支援し、SynAppsを活用する事で、小さく始めて大きく育てるデジタルビジネス立上げを可能とします。

◆ Pepperによるレジ業務の自動化を実現する 「レジ for Pepper」を開発
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000018045.html

◆ 顔認識、サービス連携、CMS、AIとIoTでロボティクス業務を促進するクラウドロボティクスRaas「SynApps」を提供
https://www.headwaters.co.jp/service/pepper/synapps.html

◆経産省後援「第2回 HRテクノロジー大賞」にて新時代の店舗ナレッジ共有クラウドサービス「PocketWorkMate」が『奨励賞』を受賞
https://www.headwaters.co.jp/news/hrtech.html

■株式会社ヘッドウォータース 概要
URL:https://www.headwaters.co.jp
本社所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿2-16-6 新宿イーストスクエアビル7階
設 立:2005年11月
代表取締役:篠田 庸介
取締役: 石澤 直樹
取締役兼営業本部長: 近藤 慎哉
取締役兼管理本部長: 原島 一隆
取締役: 疋田 正人
執行役員兼情報統括部長: 松崎 神都
監査役: 萱沼 武広
資本金:1億 4,374万円
事業内容:人工知能(AI)アプリの企画・開発、ロボットアプリ企画・開発、システムインテグレーション


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ヘッドウォータース  担当:依光(よりみつ)
TEL:03-5363-9361
Email:info@ml.headwaters.co.jp

お問い合わせContact us

事業に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

パートナーに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

採用に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームへ