IT運用作業を自動化AIOps構築
システム運用にかかる作業を
クラウドと機械学習で
自動化&効率化を行います

AIOpsとは

ビッグデータと機械学習を組み合わせた
IT運用作業効率化

AIOpsは、システム稼働におけるログデータ(ビッグデータ)と機械学習機能を組み合わせてITオペレーションをサポートするものです。

技術者不足が叫ばれている昨今の課題として、稼働中のシステム運用に人手が取られ、攻めのITに技術者を配置できない事が挙げられています。

今まで人手で補っていた運用監視業務をクラウドと機械学習を使う事で、アプリケーションやネットワークのパフォーマンス監視、診断、原因分析、問題の早期アラートを実施するのが、 AIOpsです。

forecast2_image_S.jpg

toukeiyosoku_S.jpg

アラート検知

監視ログからの学習によるアラート検知予測

Matching_S.jpg

キャパシティプランニング

リソース利用状況からのキャパシティプランニングサポート

eizou_kaiseki_image_240S.jpg

セキュリティアラート

アクセス解析によるセキュリティアラート予測

当社が提供していること

可視化・モニタリング


稼働システムを横断して、システムログを取り、分析や監視をしやすくします。
分散するログ情報を一括集中で、複雑性を排除した画面に表示をする事で、アプリケーション開発者、SRE、分析担当、ビジネス層と共同で、運用におけるチームコラボレーションを容易にします。

data_cleansing_500S.jpg

原因予測

監視データやログから、障害パターンを導き出し原因特定をAIが予測します。
学習を続けることにより、原因予測、および対応策の精度を上げることが可能となります。
マイクロサービスアーキテクチャーが進むシステムにおいて、原因予測は対応時間の短縮に有効な施策となります。

prototype_image_450S.jpg

異常検知&早期発見


システム障害時にクラウド上に溜められたログを機械学習させることで、障害の原因を予測し、解決策の提示を運用者に提示します。 クラウドによるシステム導入が進む昨今、サービス障害が発生して手も足も出せない状態になる前にいち早く対応することが可能となります。

AI_Data_Connect_image3_500.jpg

影響分析

問題が起こった時、(複数のサービスに利用クラウドがまたがっている時など)の影響範囲を瞬時に捉え、担当へのトスアップを行います。

IaaS単位、Docker単位、アプリケーション単位、サービス単位と、個々に制御・管理する事で、障害範囲毎の対応が可能となります。

UI_image500S.jpg

ChatOps連携

SlackやChatworkなどに連携を行い、アラート情報通知などをビジネスチャットに送る事で、 コミュニケーションライフサイクルを早めます。

専用のチャットボットを設ける事で、質問を投げかけるだけで、データログから必要な情報を抜き出す事も可能です。

chatbot_image450S.jpg

セキュリティ連携

SaaS提供のキュリティ製品と連携することによって、攻撃予測や予防対策を実施できます。
また脆弱性に対するモニタリングとマッチングを実施することで、自動アップデート・自動テストを実現します。
その他、自動脆弱性診断(簡易)や自動サーバ証明書適用など、セキュリティ関連作業もAI連携によって運用をサポートします。

security_image_S.jpg

インフラストラクチャ自動化

Ansible、Terraform、Git、JenkinsなどのOSSとCloudWatchLogs(AWS)やLogAnalytics(Azure)などのPaaSの活用によってDevOps環境を構築します。

データを継続的かつ横断的にクラウド上に収集することで、AIOpsの導入・運用に繋げて行くことが可能となります。

API_image500_S.jpg

お問い合わせContact us

事業に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

パートナーに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

採用に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームへ