Power Platform
カスタム開発サービス Office365利用企業の業務効率を上げる
Microsoft Power Platformのカスタム開発。

Power Platformとは

企業のDX推進を加速するツール

Microsoft Power Platform は Power Apps、Power Automate、Power BI でデータの収集から解析・予測までロー コーディングで実現するプラットフォームです。Microsoft Office を使い慣れたユーザーであれば、新しい業務アプリケーションの構築を容易に行うことができます。

全世界において月間利用者数は200万人以上、22万社が利用しています。


PowerApps_image500.png

PowerApps

Microsoft PowerAppsは、PowerPointのUIとExcel関数の感覚でドラッグアンドドロップによってアプリをデザインできる「キャンバスアプリ」や、ExcelやSharePointなどに蓄積されたデータ群を参照し、コネクタと繋げる事ですぐに使える「モデル駆動アプリ」があり、iPhoneやAndroid、タブレット、さらにパソコンでも動くWebアプリをローコードで作成できます。

Power Platformの中でPowerAppsはフロントエンド(画面)開発を行うツールで、参照するデータを呼び出して利用します。

PowerAppsについて詳しく

PowerApps_304x216.png

PowerAutomate

Microsoft PowerAutomateは、かつてのMicrosoft FlowにPRA機能(UI flows)がついたDPA(デジタルプロセスオートメーション)ワークフローツールで、あらゆるアプリケーションやサービスに連携しワークフローと業務プロセスを自動化します。

従来のRPAと比較して、画面操作を必要としないサービスを直接連携させることでセットアップの効率が上がり、エラーを回避しやすい傾向があります。

一般的なビジネスシナリオのテンプレートが豊富に用意されており、 Salesforce、MailChimp、Githubなどツールを横断した 2000を超えるタスク自動化テンプレートからアクションを選び、タスク自動化も自由にカスタマイズが可能です。

Flow_326x187.png

PowerBI

Microsoft PowerBIは、Excelのような操作感で素早く効率的にレポートを作成、共有できる対話型リアルタイムダッシュボードを作成ができます。

あらゆる業務のデータからビジネス促進のインサイトを発見する事ができ、多くのビジュアライズを実現します。

Power BI_242_137.png

Microsoft Power Platformの特徴

Common Data Service

ビジネスデータストアであり、企業の業務データ(営業、マーケティング、人事、オペレーション、財務、サービスなど)を包括的にカバーすることでETLツールを不要にします。

Dynamics 365 Sales、Dynamics 365 Customer Service、 Dynamics 365 Talentなどの Dynamics 365 アプリケーションもCommon Data Service を使用している為、Dynamicsユーザーであれば共通の資産を利用できます。
組織内の最も一般的な概念やシナリオを取得するよう、推奨事項に従って設計されている為、イチからのデータ定義は必要ありません。
オンプレミスデータゲートウェイを使う事でSharepoint、SQL Server、Oracle、DB2などオンプレミスデータにも接続が可能です。

PowerApps_templete500.jpg

Office365との高い親和性

Common Data Serviceは、SharePoint、OneDrive、OneNoteとのデータ統合も可能であり、Microsoft Teams、Microsoft Forms、Plannner、Microsoft To-Do、Project Online、Excel Online、Word Online、Outlookは標準のコネクタで機能提供されており、Office365利用ユーザーであれば日々の業務で扱っているデータを利用する事が可能です。

Azure AD、Azureコンテナ、Azure Data Factory、Azure Blob storage、CosmosDB、Azure DevOps、Azure Application InsightsなどAzure利用ユーザー向けのコネクタも提供されています。

Office-365-orange-logo_450_245.png

エンタープライズレベルの包括的管理

Azure Active Directory-すべての認証はAzure ADにより設定しているため、2要素認証や様々なポリシー設定が可能。

管理センターは、アプリケーション基盤の利用状況を包括的に確認し、全社におけるアプリケーションライフサイクル管理が実現可能になります。野良ロボットを管理する事ができ、監査ログを参照する事で各社のコンプライアンス準拠した運用が可能です。
モバイルデバイス管理/MDM(Intune)-条件付きアクセスやデバイス別のポリシー設定により、アクセス可能な端末を制限する事もできます。

compliance_management_450_232S.jpg

細やかなアクセス制限

ユーザー単位、部署単位、部署配下単位、組織全体と4種類のアクセスレベルが存在しており、センシティブなデータも保護できる細やかなアクセス制御できます。

定義済みのセキュリティロールとして、システム管理者、システムカスタマイザ、環境作成者、CommonDataServiceユーザー、代理人があり、ユーザー定義セキュリティロールも作成が可能です。
また、対象エンティティ(テーブル単位)にもセキュリティロールとアクセス権限付与を行う事ができます。

Access_limit_image450_337S.jpg

当社について

Microsoft Cloud Platform
Gold パートナー

ヘッドウォータースは、マイクロソフトのパートナープログラムの認定制度である 「Gold Cloud Platform コンピテンシー」取得企業です。
ゴールドコンピテンシーとは、マイクロソフトパートナーネットワークの中で、クラス最高の能力を備え、最も高度で最も専門的な能力を活かしてお客様のニーズに対応できるパートナーに付与されるプログラムです。

当社では、Azure AI、Azure Machine Learning、Azure Bot Framework、Azure Bot Service QnAMaker、Azure DevOpsを使ったソリューションを多く提供しており、 Power Platformのカスタムソリューション開発を行っております。

Microsoft_gold_partner_logo600.jpg

当社ソリューション

Common Data Model
CDSデータ整備

企業内で利用している複数のシステムとアプリケーションのデータを統合させようとした場合、システム間にサイロ化(空洞化)が生まれており、うまく進まない事が多くあります。
Common Data Model(CDM)は、ビジネスおよび分析アプリケーションで使われる一般的なデータスキーマを採用しており、あらゆるアプリケーションでデータの共通化を可能とします。
当社では、Common Data Modelに沿ったCommon Data Serviceのデータエンティティの整備支援から、拡張エンティティ構築、Azure Data Lake Storage Gen2との最適化支援を行っています。

DataMining_biz_500_288S.jpg

共同チーム体制による
リモートスクラムスタータープラン

法人顧客から一番多い要望は、「DevOpsを取り入れたい」と言う要望です。
当社でPowerplatformの試行開発プロジェクトやビジネスフィットをAzure DevOpsによるリモートエンジニアリングと共同管理を行っており、その知見をAzure DevOps上でオン・ザ・ジョブでシェアを行います。

Azure DevOps開発を詳しく見る

AzureDevops_image500_316.jpg

AI Builder + Cognitive Services
カスタムアプリケーション開発

当社では、予測AIモデルのパターン検出の他に、 Text Analyticsを用いたテキスト解析、Computer VisionやCustomVisionを用いた画像解析、VideoIndexerを用いた動画解析、Translatorを用いた機械翻訳、Speech Servicesを用いた音声認識/音声合成などのCognitive Servicesアプリケーション開発を行っており、AI Builderがプレビュー領域においても独自カスタム開発とCognitive連携を行っております。

Teams_Chat_Analyzer500.png

独自機械学習モデルによる
カスタムアプリケーション開発

当社では、Azure Data Lakeに蓄積された業務データから、 独自の機械学習モデルを構築し、売上予測・需要予測・来場予測などの予測モデルを構築し、API提供する事でPower Platformから呼び出しができる独自予測モデルを開発しております。

また、サイト内の行動ログデータやコンバージョンデータ、ログインユーザー情報を基に、パーソナライズレコメンドも行っております。

機械学習アプリについて詳しく

Forecast_image450_354_M.jpg

Power Platform + ディープラーニング
拡張アプリケーション

当社では、Multi AI Platform「SyncLect」を用いて、scikit-learn機械学習、Darknet画像解析、高速フーリエ変換の音声波形解析、BERTを用いた自然言語解析技術など、 Cognitive Services外におけるAIテクノロジーのAPI群を保有しており、Power Platformにアドオンで組み込む事が可能です。

SyncLectを詳しく見る

synclect_logo_500_325_rgb.png

Microsoft Graphによる
Office365データ連携ソリューション

Microsoft Graphは、Office365のデータとインテリジェンスにアクセスするAPI群です。
Outlookの連絡先に貯まるユーザー情報、Sharepointに貯まるファイル群、よくコラボレーションを行うチーム、会議の回数から働いてる時間まで様々なデータを取り出す事ができます。
それらを対話型のデータ視覚化BIツール「Power BI」で可視化をする事で、様々な観点での現状分析・業務負担の可視化を行う事ができます。

業務デザインサービスを詳しく見る

Power BI_242_137.png

UI Flowカスタム + RPAによる
自動化アプリケーション

当社ではRPAカスタムを行うロボットオートメーションサービスを行っています。

RPAツールを使うだけでは自動化できない領域に対して、業務自働化拡張ソフトウェアロボットを独自構築しており、Microsoft Flowと組み合わせて、様々な業務自動化を実現します。

ロボットオートメーションを詳しく見る

Flow_326x187.png

Microsoft Teams
独自カスタムアプリ開発

当社では、Microsoft Teamsの独自カスタムアプリ開発を行っています。

チャット上のデータから自然言語認識を活用したチャット傾向可視化ソリューション「ChatAnalyzer」や、IoTデータや利用データログの可視化を行う「SyncLect Lamberjack」と言ったソリューションも提供しています。

Teamsアプリ開発を詳しく見る

Teams_logo_500_325.jpg

Microsoft Bot Service QnAMaker
カスタム構築/連携

Power PlatformではQnAMaker用コネクタが用意されており独自BOTをすぐに利用できます。
QnAMakerとはWebやドキュメントファイルからQ&Aを自動抽出できるボットサービスで、 Bot構築の際のQAデータ登録の手間を無くす自然言語認識型ボット構築を行う事ができます。

当社では、企業独自にQnAMakerをカスタム開発、企業独自のナレッジベース構築、Azureエンタープライズインフラストラクチャ構築を行っております。

QnAMakerカスタム開発を詳しく見る

qnamaker_image500_345S.jpg