チャット内容の傾向を可視化
「Chat Analyzer」

AIの力を使ってチャットデータを解析し、
新たなインサイトを提供

ChatAnalyzer概要

チャットデータの資産化

企業が様々な場面でビジネスチャットを導入し、利用する場面が増えています。
そのコミュニケーションに使われるデータを捨ててしまっていませんか?
コミュニケーションデータも、AI・ビッグデータ時代の大切な資産となります。 社内チャットは人事データに、顧客とのチャットはマーケティングデータとして改善活動に使う事ができます。

Chat_Analytics_human_250S.jpg

「Chat Analyzer」

ChatAnalyzerは、どの企業でも必ず多く保有している筈の「コミュニケーションデータ」を分析可能とします。

社内チャットで「ChatWork」「Slack」「LINE WORKS」「DIRECT」、顧客コミュニケーションに「LINE/LINE@」「FacebookMessenger」「Zendesk」、チャットボットに「Chamo」などAPIで拡張可能なチャットツールにアドオン追加でご利用が可能となります。

Chat_Analyze_image450_2.jpg

データ収集専用ボットを入れるだけ

普段お使いのチャットツールに、ChatAnalyzerのデータ収集専用ボットを追加するだけで、データロギングを行います。
このボットは、話しかけて来ない為、ユーザは普段通りのチャット利用をするだけになっています。
収集されたデータはクラウド上のデータベースに保存され、誰が何を話したかを随時保存して行きます。

このコミュニケーションデータを保有する事で、AI活用のためのデータ基盤となっていきます。

DataSearch_BOT_image450.jpg

AIで加工した結果を可視化

ChatAnalyzerで収集したデータを基に「目的に合わせて」AI処理を施して行きます。
感情認識を用いる事で「社内のモチベーションを可視化」したり、「ポジティブな影響を与えている人物」を見出したり、 「発言から個性抽出」を行う事ができます。
デフォルトセットとして、管理画面上やPowerBIで可視化をする事ができますが、今ご利用になっているBIツールで表示する事も可能です。

ChatAnalyzer_gamen_image500.png

分析できる事

積極度数

communication_Icon.jpg

発言回数をロギングする事で、コミュニケーションに積極的な人が誰かを抽出したり、ランキング形式にまとめて見る事ができます。

感情認識

AI_Feeling_Icon.jpg

PN分析(Positive/Negative)を行う事で、発言内容からポジティブ度合と頻度を抽出し、ランキング形式にまとめて見る事ができます。

キーフレーズ抽出

AI_textanalsys_icon.jpg

テキスト解析による文脈理解により、そのチャット上でキーとなっている内容を抽出し、内容別に可視化を行う事ができます

トレンド可視化

AI_search_icon.jpg

そのチャット上で何がトレンドになっているかを、キーフレーズから読み取る事で、傾向把握を行う事ができます。

パーソナリティ分析

AI_analytics_icon.jpg

発言内容から類推されるパーソナリティを可視化し、キャラクターの暗黙知を形式知として可視化する事ができます。

検知 AI

AI_Abnormal_notice_icon.jpg

予め設定したキーフレーズが発言された場合、ヘルプの通知を走らせたり、異常を自動検知する事ができます。

オプション

VUIでも一部機能提供

AlexaやClovaなど音声アシスタント向けサービスにおける対話ログでもご利用が可能です。

また、擬人化コンテンツにおける対話型AIサービスやコミュニケーションロボットでもご利用いただけます。お問合せください。

SmartSpeaker_appli_S450.jpg

お問い合わせContact us

事業に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

パートナーに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

採用に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームへ